トップ  >  注意すべきこと

注意すべきこと


車を買い取ってもらうなら、少しでも高い金額を提示してもらいたいと思うのは当然の心理だと思います。

しかし、査定士が一度提示した金額は、アップすることはほとんどないそうです。
(他の査定業者と競った場合、上げるケースはあります)

どうすれば、高く見積もってくれるのでしょうか?


それは査定士の方に査定をしてもらう前にあります。

査定士も自動車を売る側と同じ人間。

当然ながら、心象によって査定する額も変わってきます。

ですので、車をキレイにしておくといったこととは当然として、

「査定の際にマイナスになることは避ける」
「査定をする人に不信感を与えない」

といったことが大事になってきます。


では具体的にどのようなことがマイナスにつながるのでしょうか。

まずは、事故や故障歴などがある場合、はっきりと伝えることです。

事故や故障歴は、詳しい人が確認すればすぐにわかります。

このようなことを隠してしまうと、車よりもそのオーナーのイメージがわるくなるのは明白です。

信頼性がなければ、査定が厳しくなってしまって当然ですよね。

その他にも、エンジンや足回りの調子が悪ければ、その事を伝えましょう。


査定する業者にはそれぞれのチェックポイントがあります。

そのポイントを1つずつチェックして査定額を算出するのですが、査定をするのも人間の感情に左右される点もあります。

査定にその人の感情が入る以上、心象というのは査定額に多かれ少なかれ影響してくるものなのです。


査定士はその道のプロです。

それまで何百台もの車とオーナーを見てきています。

下手に隠そうとしてもマイナスになるだけだということは、わかっておくべきです。


車の印象を良くするということは、車をキレイにするだけではない、ということを知っておきましょう。


元車買取業者が車売却をするなら・・・



元車買取業者に、車売却するならどの買取店/一括査定サービスを使うのか聞いてみました・・・・
>>詳細はこちら




カテゴリートップ
TOP
次
査定額が高い状態