トップ  >  走行距離と査定相場の関係

走行距離と査定相場の関係



自動車は、走行距離が多いほど査定相場が下がります。

中古自動車査定基準では、年式別で距離数により加点、減点される点が定められています。

また車種のクラス別でも、加点、減点される点が決められています。

例えば、特Aクラスの車が、5年経過していて1万キロ以下の走行距離の場合、245点の加点。

これはおよそ24万5千円のプラス査定になります。※査定する会社によって異なります)


年代毎に大よその基準走行距離は決まっていて、その距離の範囲の入れる場合は±0、

その距離より短い距離しか走っていなければ加点、

その距離より多い距離を走っていれば減点となります。


査定を受けられる前に、どのくらいの加減点があるかを確認しておくとよいのではないでしょうか。



元車買取業者が車売却をするなら・・・



元車買取業者に、車売却するならどの買取店/一括査定サービスを使うのか聞いてみました・・・・
>>詳細はこちら




前
高く売れる時期は?
カテゴリートップ
TOP